大切な人が亡くなったら遺産相続は忘れずに

大切な人が亡くなったら遺産相続は忘れずに

弁護士

保険関連の手続き

故人が生前に生命保険や死亡保険などの保険に加入しているケースは多くあります。これらの保険は期日が決められていますので、期日内に手続きをしましょう。大阪には、相続に関するプロが多いので、分からないことがあれば相談すると良いと思います。

ジャッジガベル

なるべく早くするべき手続きがある

現代の日本では多くの人が携帯電話を所持しています。毎月費用が発生するものですので、優先的に解約手続きを済ませましょう。またクレジットカードやキャッシュカードなどの解約手続きもすぐに済ませるべきです。

弁護士バッジ

名義を変更しなければいけないもの

故人が世帯主であり、公共料金の支払いをしていれば、各営業所へ連絡して名義の変更をお願いしましょう。また、銀行や郵便局などの金融機関に口座があれば、それも名義変更しなければいけません。

電卓を持つ人

知識が要る手続き

遺産相続するためには、「どれだけの遺産があるか」「相続人は誰になるのか」など、専門的な知識が必要な手続きが必要になります。埼玉には、遺産相続の依頼に対応している弁護士が多数いますので、そのような専門家に依頼したほうがスムーズに相続ができるでしょう。

遺産相続に関して司法書士と弁護士に依頼するメリットの違い

司法書士

不動産に関する遺産がある場合、相続登記をするために申請書を作成して法務局に提出しなければいけません。弁護士は不動産の登記に関する業務をあまり取り扱いませんが、司法書士は得意分野です。不動産登記をする必要があったら、司法書士に依頼すると良いでしょう。

弁護士

弁護士は法律に関して深い知識を持っているプロです。そのため、遺産相続に関する様々なトラブルを解決してくれます。また、弁護士には代理権があるので、遺産分割のための話し合いや遺言書検認の申し立てなどを代理で実施可能です。

広告募集中