長い間借金を返済していなければ時効の援用を活用すべし

長い間借金を返済していなければ時効の援用を活用すべし

ジャッジガベル

返済していない期間がある程度経っていること

借金をする場合は、ほとんどの方が法人から借金するでしょう。時効の援用の成立の基準として、最後に支払ってから経過した期間がどれだけあるのかがポイントの一つとなります。一般的には5年程度経過していればクリアです。

説明

訴訟されていないこと

借主が借金返済をしないと、貸主は訴訟をすることができます。もし、訴訟されていれば、時効の援用が成立しない可能性がありますので、訴状が届いていないか確認しておきましょう。

弁護士

貸主に時効の援用をすることを伝えること

時効の援用というのは、ただ待っているだけでは成立しません。きちんと貸主に対して時効の援用を活用する旨を伝える必要があります。個人で実施することもできますが、専門家に依頼したほうが、時効の援用を成立させることができる可能性が高くなります。

時効の援用手続きを依頼できるところ

  • 弁護士事務所
  • 司法書士事務所
  • 行政書士事務所

広告募集中