切らない脂肪吸引を体感しましょう|嘘のようなホントの効果

注射でシワを改善する

注射

もともと体内にある成分

ヒアルロン酸といえば、サプリメントや化粧水などの配合成分としておなじみの成分です。ヒアルロン酸はムコ多糖類に属する物質で、人体のさまざまな部分に存在します。普段はジェル状で柔らかく、また1グラムで約6リットルもの水分を保持することができるほど保水力に優れています。この特性を生かし、ヒアルロン酸は関節の軟骨部分で緩衝材として働いたり、皮膚の真皮層にあって肌のハリやうるおいを保つのに重要な役割を果たしています。サプリメントや化粧水には、こうした働きが強化されるのを期待して配合されています。一方、この成分は医薬品としても利用されています。特に使われる頻度が高いのが美容整形の分野で、簡単な施術で確実な期待できることから人気を集めています。

繰り返し施術すれば長持ち

医薬品としてのヒアルロン酸は関節痛の改善などにも使用されていますが、美容整形の場合は主にシワ取りを目的として用いられます。加齢等によって弾力を失った肌にヒアルロン酸を注入するとその弾力性によって肌がふっくらとし、シワが目立たなくなるのです。こうした手法は一般にプチ整形と呼ばれ、メスを使った大がかりな手術などを必要としない手軽さが評判となっています。シワ取りの他には、ほうれい線を目立たなくする目的で使われることもあります。注意が必要なのは、ヒアルロン酸を使った美容整形には永続的な効果がないことです。注入されたヒアルロン酸は時間が経つにつれて体内に吸収され、数か月程度で拡散します。そのため、一定の期間をおいて施術を繰り返すことで効果を持続させることが可能になります。